ニチベイ施工事例コンテスト

結果発表

テーマ

建築家や空間デザイナーが織りなす空間とブラインド類の調和

堀 泰彰

HORI YASUAKI

ニチベイ商品名称

調光ロールスクリーン「ハナリ」
ロールスクリーン「ソフィー」
よこ型ブラインド「セレーノグランツ35」

コンセプト

南側へ植えられたティーツリー、アオダモ、紅葉、ラクウショウ、シマトネリコが見える庭へ最大限開いた開口部に設置したのは、調光ロールスクリーンの「ハナリ」。「ハナリ」では完全に目隠しする事と、スラットの調整でうっすら透過させる事もできるので、移ろいのある木々の表情とスラットによる調整により、様々な表情の庭が楽しめる。室内側では、開口上部の壁を7cm延長させた垂れ壁をつくることで、ロールスクリーンの機械部分を隠し、スクリーンを使用していない時には存在感の無いようにしている。

大きな開口からたくさんの緑が見える心地よいリビングに「ハナリ」のレース越しに入るやわらかい光が空間に広がり調光ロールスクリーンがある事でさらに上質の空間となっている。垂れ壁に機械部分が隠れている点も評価のポイントとなりました。

評価ポイント

評価ポイント

写真のように腰掛け読書でもしたくなるような気持ちの良い窓辺。まわりに無垢の木を使っているので「バンブーブラインド」の色をホワイトにしているのが空間とよく調和しています。たたみ代がボックスに納まりスッキリとするのも良かった。

永井慎太郎

NAGAI SHINTARO

ニチベイ商品名称

popola2「バンブーブラインド」

吉田祐介

YOSHIDA YUSUKE

和紙調のスクリーンがリモコンで上がると絵を切り取ったような竹林があらわれ、ドラマティックにシーンが変化する。昇降コードのない電動の「もなみ」がこの空間にマッチしている。窓枠を見せない配慮ももなみの納まりを美しく見せている。

評価ポイント

ニチベイ商品名称

プリーツスクリーン

「もなみ シングルスタイル電動式」

審査委員長

鈴木恵美子

インテリアスタイリングプロ代表 窓装飾プランナー

主催

後援

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社

お問合せ

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社 担当:宮里
j_kaihatsu@asj-net.com

(C) ARCHITECT STUDIO JAPAN